読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変人になりたい

本を年間400冊読む大学生のブログです。

【結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる/藤由達藏】を読んでみた

仕事の先輩が買おうとしていたので、先にダッシュで買って読んでみました(笑)

 

ひとこと要約

 

一瞬で行動するためには「気分」と「視差」を変えろという本です。

 

要点整理

 

行動=雪だるま作り慣性の法則)という認識を持つ

 

■思考の癖、パターンを認識する

気分とモチベーションをコントロールする

視差(立場と考え方)を変える

・内向きの言葉を書き出す(掻き出す)

 

■時間管理

・不用なモノを捨てる

・期限、制限時間を設ける

・朝の数分で24時間にレバレッジ

 

■周りを巻き込む

・コントロール<相手の行動力を高める

・他人を本気で応援→周りの力を借りられる

 

人生の価値観を明確に持つ

・何の制約もなければ、本当はどこで何をしていたいのか

・何を大事にしたいのか

・心躍る未来像

 

感想

 

ビジネス書を多く読んでいる著者ということだけあって、所謂「成功本」に共通する重要な要素が上手くまとめられているなあと感じました。

(過去の記事からは、思考法は「0秒思考」、時間管理は「レバレッジ時間術」がおススメです)

 

この本で一番重要だと感じたのは「人生の価値観を明確に持つ」ことです。

結局すぐ行動できたとしても、自分の人生の目標が無ければ走る方向はブレブレです。

 

「未来に先回りする思考法」でも

 

無駄な努力は無くても、報われない努力はある

 

と書かれていましたが、努力を「行動」に置き換えても同じことが言えます。

宇宙飛行士になりたいのにチャリを漕ぎまくることは、どう考えても正解ではないですね。

 

一番手っ取り早いのは現在の立ち位置を見直す(チャリを降りる)ことですが、その際にコンパスになるのはやはり「人生の価値観」だと思っています。

そしてタイトルの「すべてを手に入れる」の「すべて」は人生の目標を指していると解釈しています。

 

なので、行動を積み重ねる前提として「人生の価値観を明確に持つ」ことが最も重要だなあと思いました。

 

まとめ

 

行動力にフォーカスした本で読みやすく、エンジンをかけてくれる本です!

 

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる