読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変人になりたい

本を年間400冊読む大学生のブログです。

【1万円でサクッと起業するための3つのルール】

1万円でサクッと起業するための3つのルール

 

1.共通部分を探す

 

まず、土台となるビジネスモデルについて書きます。

次の3つがハッキリしていたらOKです。

 

1.売るもの 2.買う人 3.支払いを受ける手段

 

まずはこれだけです。シンプルです。

 

これに加えて、共通部分を探すことが超重要です。

 

何と何の共通部分かというと、

 

自分の興味と他人の興味」です。

 

「自分の好きなことや得意なことと世間のニーズ」とも言えます。

 

いくら情熱をもっていても、世間に受け入れられなければビジネスとして成り立ちません。

 

これは一度、身をもって感じました。

 

私は音楽をビジネスにしようとして2年を投資しましたが、共通部分を探すことの必要性が分かっていませんでした。

 

良い経験にはなりましたが、100万円近くの負債を背負って終わったのでアホです。

 

最近、また懲りずに音楽でビジネスをいくつか考えていますが。(笑)

今度は共通部分を考えています。

 

「自分の興味と他人の興味」が重なる部分を探す。

 

その他人の興味は、喜んでお金を払うほど強いものでなければいけません。

 

2.増やすか、減らすかで考える

 

じゃあ他人の興味ってどうやって見つければいいのでしょうか。

 

他人の興味は「ニーズ」と言い換えることもできます。

 

これは、増やすか減らすかの2パターンだけです。

 

人はあるものはより増やしたいと願い、あるものはより少なく減らしたいと願っている

 

増やしたいもの=愛、お金、自由や時間、人から認められることなど

減らしたいもの=ストレスや長時間の通勤、うまくいかない人間関係など

 

です。

 

望ましいものをより増やしたい

望ましくないものを取り除きたい

 

人間の普遍的な心理です。

この2つを考えると、他人の興味つまり「ニーズ」を見つけることができます。

 

増やすか減らすか、あるいは両方か、

 

このことを考えるだけで人が本当に「役立つ」と感じる価値を提供できます。

 

3.スキルを転用する

 

ビジネスの成功を式にすると、

 

情熱やスキル+有用性=成功

 

となります。

 

マイクロビジネス、つまり1万円で起業するような小さなビジネスでは

特定分野の第一人者になる必要はありません。

 

自分の得意なことは1つではない」と考えることが重要です。

 

就職活動でも、「あなたの強みはなんですか?」と散々聞かれました。

 

多くの人が気付いている通り、強みは1つだけではありません。

 

どこかで経験したことで身についたスキルが、一見全く違うところで発揮されることもあります。

 

再現性のあるスキルは思っているよりも多くあるものです。

 

これをとことん利用します。

 

まとめ

 

著者の1番のメッセージを書きます。

 

他人の人生を生きて時間を無駄にするな

 

人生一度きりですもんね。

 

これをビジネスとして実現するには1で書いた通り、「共通部分を探す」ことが超重要です。

 

まずはやってみる→軌道修正でOKだと思うのでバンバン行動していこうと思います。

 

8月に2つ、ビジネスを平行して立ち上げたいと思っています。

 

本の後半ではマーケティング手法や、ビジネスを拡大させる際のコツも分かりやすく書かれています。

 

実際にビジネスを考える際に役立つテンプレート、ビジネスの実例も豊富なので、

 

「ちょっと起業でもしちゃおっかなー。」という方におすすめです!

 

1万円起業

1万円起業