読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変人になりたい

本を年間400冊読む大学生のブログです。

【人生で成功する唯一の秘訣】

book

人生で成功する唯一の秘訣

 

1.成功できない要素

 

誰でも人生で成功したい=夢を叶えたい、と思っています。

本書が教えてくれた、唯一の成功できる方法をご紹介したいと思います。

 

その前にまず、反対の「成功できない要素」について説明します。

 

成功できない要素、それは

 

人の言うことを聞かない」ことです。

 

変わりたいと思っていても変われない、

それはつまり自分の考えに固執していることと同じです。

 

様々なビジネス書の中でも、

人や環境のせいにするな」というアドバイスが散々書かれています。

 

謙虚に、素直に、「学ぶ=真似る」姿勢を大切にし続けることが重要です。

 

2.人生で成功する唯一の秘訣

 

それでは、人生で成功する唯一の秘訣を書きます。

 

それは、

 

人を喜ばせることです。

 

「どれだけ人を喜ばせるか、そのことにどれだけ喜びを見出せるか

が成功する唯一の方法です。

 

人に喜ばれると誰でも嬉しいです。

その気持ちを素直に大きくしていくことが大切です。

 

なぜなら

人は、自分の自尊心を満たしてくれる人に集まるからです。

 

ビジネスの世界においても全く同じです。

「サービス」の本質は「人の欲を満たす」ということだと考えています。

 

欲を満たしてくれるサービスに、人は集まります。

真夏の海で冷えたビールが売れるのと同じです。

 

例えば自分の欲が先行してしまうと、成功はできません。

 

「真冬の海でビール売りたいねん」という熱い夢があって必死に努力しても、たぶん普通にやるだけでは売れません。(笑)

 

人・世間がそれを求めていないからです。ニーズが無いからです。

 

ニーズという言葉も、まさに欲のことです。

「〇〇したい、〇〇できたら良いのに」という人の欲です。

 

人の欲に敏感になり、満たしてあげること。

人を喜ばせ続けること。それを自分も嬉しいことだと素直に喜ぶこと。

 

ビジネスの世界なら、

国・世界といった広い視点+過去、現在、未来という時間軸から人の「欲」と社会の変化のパターンを見抜き、

人が喜んで受け入れる最適なタイミングでサービスを提供し続けることが重要です。

 

優れた経営者やビジネスパーソンは絶対に人の欲に敏感です。

 

人の欲を満たすこと=自分の欲を満たすことになる。

 

まずは人を喜ばせること。

 

これを知っていることが成功する唯一の方法です。

 

3.知っているだけでは変わらない

 

成功する秘訣を書きましたが、これを知っているだけでは変わりません。

 

人間が変われるのは、立って何かをしたとき

 

今こんなに意識の高い文章を書いているので何か自分が変われた気がしますが、

実際はドトールで座ってキーボードを叩いているだけです。(笑)

 

本当に変われるのは行動したとき。

 

意識を行動に移して体感し、経験しなければ変われません。

 

まとめ

 

本の中の言葉を使うと、普段から自分自身にベクトルが向きすぎているなあと感じます。

厳しく表現すると自己中心的という意味です。

 

人を一番に考えること、喜ばせることを実行しながら日々過ごしたいと思います。

 

この本は大好きな本で、実は5年以上前に一度だけ読んだことがあるんです。

 

久しぶりに読むとやっぱり感想も変わっていて、

何かしみじみとしてしちゃいました。

 

関西弁でユーモアたっぷりでおもしろい本です!

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ